日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

[TANEKARA-garden]~サンダーソニア~

ニュース

[TANEKARA-garden]~サンダーソニア~
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

サンダーソニア/サカタのタネ

出典 http://sugawara.tokyo

サンダーソニアってどんな花

学名:Sandersonia aurantiaca
英名:Sandersonia/Christmas bells/Chinese lantern lily
別名:Christmas Bells クリスマスベル/チャイニーズランタンリリー
和名:サンダーソニア、提灯百合(ちょうちんゆり)
科名属名:ユリ(イヌサフラン)科サンダーソニア属
原産地:南アフリカ
花言葉:望郷、祈り、愛嬌
性質:半耐寒性塊茎(非耐寒性塊茎)
草丈:70~90cm
用途:切り花、花壇、鉢植え

「クリスマスベルとも呼ばれており、提灯のような形をした、オレンジ色のかわいらしい花が鈴なりに咲く、一属一種のユニークな植物です」だそうです。
サカタさんのネット上のデータと購入時のパッケージに書いてあることが若干違うけど、新しいのはネット上の方なのかもしれません。。。けど統一して欲しい。
イヌサフラン科ということで毒性が気になったんですが、「食衛誌 55(1): 55-63 (2014) - Semantic Scholar」のpdfファイル資料の中に球根部分の喫食による中毒の報告があるとのことで、やはり毒は持っているようですが、切り花として長く楽しまれている歴史があるのでイヌサフランのように毒を全草に含むような重篤な毒性はないと考えて大丈夫ではないでしょうか。毒で検索してもヒットしないので問題があったら何かしら記事が出るはずですから。サンダーソニアに漢方薬としての効用もあるという情報を見ましたがウィキにも特別それに関する記載はありませんでした。何にせよ、わざわざ食べないのが一番だと思います。
寒さにも暑さにも弱いそうで、乾燥には強いから水を与え過ぎないことと、球根はアルカリ用土が好きと思い込んでいた私ですがサンダーソニアは用土は鹿沼土やピートモスが適しているとのこと、強酸性寄りを好むようなので土選びに注意が必要です。二股に分かれた球根の先端から芽が出るのでその部分を傷つけると芽が出ないとか、冬越しの保管は室内で、おがくずの中に入れてなどなど多少デリケートな扱いが必要な球根になります。

サンダーソニアの花は見るだけで元気が出るようなオレンジと黄色、名前にもある通り提灯のようなユニークな形状です。思わず部屋に飾りたくなるような素敵な草花ですね。手間と気配りをかけても育ててみたくなります。

球根の植え方

植えどき 
◇3月上旬~5月下旬
ある程度暖かくならないと発芽しないそうなので寒冷地では4月中旬~5月に入ってから植える。

開花時期
◇6月中旬~8月下旬

用土
排水性のある土を好む。鹿沼土、砂、ピートモスが主体の強酸性寄り用土が適しているとのこと、苦土石灰を混ぜ込んだ土壌に植えないようにしましょう。
赤玉土と腐葉土に砂を混ぜ込んだ用土でも大丈夫なようですので、特別強酸性にする必要はないのかもしれません、排水性を上げるという点だけは考慮に入れましょう。元肥には緩効性肥料を混ぜます。

植え方
発芽温度が15℃~20℃、サンダーソニアを育てて発芽したという情報は5月中が多いことから、あまり早い時期に植え付けても発芽までに時間がかかってしまうようです。お住まいの地域の気候に合わせて植え付け始めましょう。
鉢・プランター植えの場合、5cmくらいの深さに、21cm鉢(7号鉢)に2~3球植えが適当です。二股に分かれた球根を横に寝かせて植えます。球根の股の先の先端が膨らんで芽が出ます。
花壇・庭植えの場合、10cmくらいの深さに植え付けます。茎が細いので支柱を立てる為、尖った先端を支柱を立てる位置に向けて植えるのが良いでしょう。
いずれも先端部分を傷つけないように丁寧に扱うこと。

育て方
多湿に弱いため、乾燥気味に管理する。発芽後は月1~2回程度液肥を与える。強い風や雨に当たらないよう注意。梅雨時など特に、長雨にはさらさない、夏場は半日蔭で管理。結局地植えではなく移動出来る鉢植えが無難です。花は種が付いても発芽率が非常に悪いため基本咲き終わったら花を摘みます。葉っぱは黄色く枯れるまでそのまま、球根に栄養を蓄えさせます。10月に葉が枯れたら水やりをやめ、室内または0度以上の温度を保てる場所で鉢植えのまま乾かして保存します。掘り上げる場合は傷つけないよう、また球根はそのままだと乾燥に弱いのでおがくずや植え付けた用土を入れたビニル袋にそっと入れ、袋に空気穴を開けて冷暗所で冬越しさせます。花壇植え地植えも同様に掘り上げて冬越しします。球根のまわりの土が凍結しなければ冬越しするようです。
室内に置く場合、あまり暖かい場所でなく0~4℃程度の温度で管理しましょう。氷点下はダメですが冬の寒さに当てないと花付きが悪くなるそうです。
また開花後切り花にして楽しむ場合、茎を長く切り過ぎないよう鉢側に残すように気を付けてください。球根に養分を蓄えるための葉を刈りこみ過ぎないようにする為です。

日照
日当たりの良い場所を好みます。

耐寒性/耐暑性
耐寒性・耐暑性共に弱い。日当たりは好むが真夏は鉢植えで移動出来るなら風通しの良い軒下半日陰へ。

水やり
土面が乾いたら与える。乾燥には強いので与え過ぎない。

肥料
植え込み時に元肥と、月に1~2回液肥を。花が終わってからも茎葉が枯れるまで与える。

植え替え
掘り上げは花茎が枯れ終わった10月に行う。鉢植えのまま管理しても可。

球根を植える前の準備

ブリキバケツの中に今回使用する用土が入っています。一番上側の色々すでに混ざっているのはお店から購入しているガーデン用土です。微酸性から中性にph調節されています。時計回りに砂、軽石小粒、鹿沼土細粒。これにさらにバーク肥料入りの腐葉土をスコップに一杯程度加えてよく混ぜたものを使用しようと思います。
腐葉土と購入しているガーデン用土のほうに元肥が入っていると考え肥料として特別は加えていません。

うちのガーデンで使用している用土について詳しくは以下のサイトも参照ください。

球根の容量を画像で確認

トップ画像のパッケージを、上部のホチキスを外して裏返すとサンダーソニアの育て方などの詳細が記載されています、これは他の球根なども全く同じです。違うのは以下の点、球根の入っているビニル袋にはよく砕かれたピートモスが同梱されています、この中にサンダーソニアの球根が内封されているようです。他の球根はたいてい茶色の薄皮が付いているので球根がそのままネットに入れてあるのですが、やっぱりデリケートな球根なのですね、一か所空気穴は開いているけど適度に湿気のあるピートモスに大事に包まれています。サンダーソニアが普及し広く育てられるようになったのは最近のようです、その昔サンダーソニアが植えてあると分かるだけで球根が盗まれるということもあったそうな。とっても大事に扱われるべき球根には違いないのです。ちなみにビニル袋の外側からは球根は全く見えません。

袋から土と球根を取り出しました。小さい方のギザギザブリキプレートに入っているのが球根です。大きい方のプレートには一緒に入っていた用土が、全部ピートモスを塊一つなく砕いた単一用土で、フカフカです。球根、面白い形をしています、牛の角のようですね。角の先端を傷つけないように、植えていきます。

球根を植え付けます ー2018/04/16ー 

駄温鉢に植えていきます。ネットで排水穴を塞ぎ、5cmの覆土分とウォータースペースをあけて用土を入れます。支柱を立てることを考え、それに先端がなるべく向くように球根を置きます。

覆土しました。こちらに上から水をやったのち、よく日光の当たる場所に置いて様子をみます。

白いマスキングテープを折り返してネームタグを作り鉢に貼りました。球根の仕込みをしたとき、乾燥に強く加湿に弱いことを知らなかったので雨の影響を受ける終日日の当たる場所に置いてしまいました。水も植えた後たっぷり与えてしまって大丈夫かなと心配になったんですが、植え付け時鉢から水が流れ落ちるくらいたっぷり水を与えるので大丈夫なようです。軒下置きに変更しようと思います。これでサンダーソニアの植え付け完了です。

サンダーソニア リンク集

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
12
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin